恵子 と けい子

何やら怪しいタイトルです。

期待しながら読んでガッカリしないでください。

 

大阪出張での出来事ですが、大阪・神戸のスタッフと食事会を終えてから

大阪支店長と2人でしっぽりと店舗デザインをしている友人が最近デザインした

北区「KOTETSU」さんへ。

4月にOPENしたばかりだそうで(酔っぱらっていて記憶が定かでない!)鹿児島産 南洲ポークをメインとした料理はどれも手の込んだものでとてもおいしい。

豚料理でもこのお店の料理は女子力が高いと思います。

 

店主のこばサンと話をしていると、手が空いた料理長を紹介してもらいました。

料理の女子力が高いはずです、なんと料理長は恵子サンというベッピンさんでした。

(本来そこは、こばサンでしょ!)

そんなこんなで、だいぶいい時間なので解散してホテルへ。

 

珍しく堂島のホテルに宿泊だったので、ホテルの名前を失念してしまい

最寄りのあたりでタクシーを降りるとそこは北新地入口!

 

ちょっと覗いたスタンドバーに見たことある顔が!

関暁夫ではないですか。(信じるか、信じないかはあなた次第!)

これも何かの縁と思い最後の〆という口実で入店。

 

店内はカオス状態に近く、奥に仕事終わりのドレス姿のお姉さん2人組、北海道から出張のオジサンサラリーマン、私の隣で飲んでいる着物姿のお姉さんは帰りたがっているのに引き止める別のオジサン。

話の流れで私がオジサンを引き受けて着物のお姉さんは帰ってもらうことになり

「今度、飲みに来てください。」

と渡された名刺の名前が けい子サン。

 

そんなこんなで、この夜はケイコ日和でした!

 

 

長いこと書いたけどなんも中身のない話!

 

 

大丈夫か?俺!